HOME > 村井歯科医院のインプラント
村井歯科医院のインプラント

インプラント治療を当院で行うようになった経緯

私(院長の村井)は、昭和59年の春に大学を卒業すると診療全般を勉強するために、大学の付属臨床研究所で当時、広まっていた歯周病で歯を失った人に対する治療法を学びました。

その頃の治療法は、治療の介入が非常に多く、大量の歯を削って互いに支え合い、噛む力を分散させようという方法でした。現在も保険診療を中心に行われている方法です。
この方法は互いの歯を平行に削ってかぶせるので前歯と奥歯をつなぐ場合は、歯の生える方向が違うので自然と削る量は増えます。すると、歯がしみたりするので歯の神経を取らなくてはなりません。また、その処置のために歯を削らなくてはなりません。最終的には土台を差し込み、クラウンやブリッジで橋渡し(または固定し)、治療を完了していきます。

失った歯の本数と同じ本数ぐらいの両横の歯に、神経をとるなどの負担がかかるわけでです。

img

私は何か良い方法が無いものかと考えました。当時、接着ブリッジというものが開発されました。歯を削る量を最少量にし、歯を貼りつける方法です。
その分野で世界中で最先端の研究をしていた岡山大学歯学部第一補綴科に移籍し、研究と臨床応用をしていました。
しかし、口の中は、細菌を含んだ唾液があり、噛む力が絶えずかかるので、ブリッジの耐久性を追求すると接着剤がいくら改善されても応用できる症例は限定的であることが分かってきました。

その頃、インプラント治療はさまざまな材料や形状のものが用いられており、実績もバラつきがあるように聞いていました。しかし、研究は進み、今から10年ほど前には治療成果の上がる方向性がかなり解明されました。

この頃、当院でも下あごの奥歯にかぎり治療を始めていました。

インプラントの形状・強度・表面性状・人工歯との連結部の方法など、色々なことが改善されてきました。また、手術に関わる検査もCTやその解析ソフト・骨補填材などが進歩してきましたし、どういう場合に不向きなのかも分かってきましたので、やっと臨床応用が盛んにできるようになったと実感しました。

img

先ほど、私が接着ブリッジの研究が盛んで勤めていた岡山大学でも生体保全のスタンスから、歯の欠損に対してインプラント治療を第一選択と位置づけています。

ここで私がインプラントをなぜ導入しているかを整理しますと、歯の欠損に対してその部位だけで処置がすみ、他の歯を痛めないことです。
平均寿命が延び、超高齢化社会に生活の質を確保しながら残った歯の寿命に寄与できていると実感したからです。

従来法を疫学的に評価しますと、いろいろな条件の歯にブリッジをかけていると思いますが、8年間で半数のものが使用不可に陥りますが、このときに同じようにブリッジを入れることができれば幸いです。しかし、支えにしていた歯が割れたり、むし歯が進んで使えないことがかなりあります。そうすると、ダメな歯を抜いて、更に大きなブリッジが必要になり、歯にかかる負荷もますます大きくなります。

これはブリッジを入れることで歯に想定外の大きな力がかかり、年齢とともに弱ってきた歯に壊滅的なダメージを与えるからでしょう。
1本の歯の欠損から、小型のブリッジ、大型のブリッジ、部分入れ歯、そして総義歯へと進んでいくわけです。この連鎖を止めるために、インプラントは有効で、口の老化を遅らせることができます。
ここまでが従来の治療とインプラントの比較です。

img

村井歯科医院では更にインプラント治療を進化させるために、インプラント体の表面にハイドロオキシアパタイトという骨の成分をコーティングしたZimmer社製{米国)のものを主として採用しています。同社は米国で整形外科領域で人工骨や関節などを提供する最大級の会社です。このインプラントは骨とのなじみが非常に良いのです。

また、術前の診査においても、単にCTを撮影するうだけでなく、一般医療用CTで精密に撮影したデータを解析会社に依頼し、骨の状態を診査し、インプラントの埋入角度・深度・サイズを決定し、サージカルガイドという各個人用の外科ガイドを作製して手術を行います。

更に骨質および量の不足しているときはQAMインプラントシステムを駆使し、ドリルをなるべく使わず、骨を削る量をおさえてインプラントを埋入していきます。

手術に不安のある方には、抗不安薬・安定剤などの経口薬を用いて術中の緊張をほぐします。点滴や注射を使わないので好評です。

進化した治療法、医院を選ばれることによって、生活の質をとりもどすことができるのです。

1回の食事で600回平均噛みます。1日で1800回、1年間で65満開に及びます。歯は噛むことだけに寄与しているのではありません。
骨格を支えること、美容をはじめ発音、味覚などで生活の質を支えています。

治療費はインプラント1本が30万円程度になりますが、10年もつとして1日あたり80円余りです。

ご自分が快適に暮らしていくために、毎日、常にかかわる口に費用をかけられても惜しくないと思います。是非、良い治療を受けられることをお勧めいたします。

pagetop
インプラント治療はどこも同じではありません

治療前の精密な診断

img

HAインプラント

HAインプラント

pagetop
難症例でもインプラントを可能にする技術

難症例でもインプラントを可能にする技術

インプラントよくあるご質問
Q. インプラントの手術は痛くないですか?

A.

局所麻酔をして行いますので、手術中の痛みはほとんど感じません。
(歯を抜くときの痛み程度と考えてください)

Q. ブリッジのところをインプラントに変えることができますか?

A.

ブリッジ部分の欠損のところに、インプラントを入れることは可能です。
そして欠損部分は、インプラントで歯を作り、土台に使っていた歯はセラミックを冠せると歯も長持ちします

Q. インプラント治療にかかる期間はどれぐらいですか?

A.

通常、4カ月から7カ月くらいかかります。一般的に、インプラントが顎骨と結合するのに、下顎で3カ月、上顎で6カ月必要と言われています。その後、一定期間安静にした後、上部に歯の部分を作成し、合計すると下顎で4カ月、上顎で7カ月くらいかかります。また、骨量が少ない場合は、骨造成でさらに3~6カ月必要となります。

Q. インプラント手術は誰でも受けられますか?

A.

年齢的には、顎の骨が完成する18歳以上から、健康であれば、高齢の方でも大丈夫です。
ただし、お口の清掃が十分にできない方、重度の全身疾患(重度の糖尿病、心疾患、腎疾患、肝疾患、喘息などの呼吸器系疾患、高血圧など)のある方、妊娠中の方などは、できない場合があります。

Q. インプラントはどのくらいもちますか?

A.

かむ力は、その人の体重に相当すると言われます。そんな悪い環境でも、データ的には10年で90数%もつと言われております。長持ちするか否かは、二つの事に大きく左右されます。
一つはかみ合わせです。いくらインプラントが丈夫でも、残っている歯が抜けたり動揺したりすれば、インプラントに過大な負担が生じ、寿命が短くなります。
もう一つは、汚れです。天然歯の歯槽膿漏を同じで、インプラントも殺菌感染により、寿命が短くなります。長持ちさせるには、歯科医師、歯科衛生士の指示を守り、日頃のセルフケアと処置後のメンテナンスが大変重要です。

インプラントの説明へ

24時間受付メール相談

ご予約・初診は随時受けつけてます
【休診日】日曜日・祝日
【診療時間】9:00~12:30 / 15:00~18:30

WEb予約
京都入れ歯相談室
京都矯正歯科
セラミック治療 銀歯から白い歯へ
衛生士急募
スタッフブログ

歯科に関するお悩み・お困りごとなら、お気軽にメールください。

無料メール相談
お知らせ
院長村井

自然で快適な入れ歯治療、歯を正しく使う矯正治療、歯を長く使うための予防や治療、見た目も整える治療など、者様のご希望に応えられる歯科医院でありたいと思います。

[院長名]  村井 正剛

[略歴]

昭和59年3月
岐阜歯科大学 卒業
昭和60年
岡山大学 歯学部
歯科補綴学第1講座
昭和63年
村井歯科医院
医院理念・院長あいさつはこちら >
副院長 村井

小さなお子様からお年寄りまで、毎日たくさんの患者様にかかわらせてもらい幸せです。
患者様、ご家族の気持ちと希望に寄り添えますように、わかりやすく、優しい治療を心がけています。
院長・スタッフとがっちりとタグを組んで、患者様の豊かな生活へのお手伝いが出来ればと思います。

副院長紹介はこちら >
診療案内
  • 虫歯治療
  • 歯周病治療(口臭治療)
  • 小児歯科
  • 矯正治療
  • 入れ歯治療
  • 審美治療
  • インプラント
  • 訪問歯科
医院ご紹介
  • 診療理念
  • 院長挨拶
  • 院内案内
  • 料金表
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ/メール相談
access
img

村井歯科医院
京都市右京区 山ノ内西裏町15-2
TEL : 075-311-5811
フリー : 0120-118-205
駐車場:完備 車イス用スロープ完備
アクセスマップはこちら >

pagetop
Copyright (C) 2013 MURAI DENTAL CLINIC All Rights Reserved.